診療案内
インプラント

 

小児歯科

小児歯科

インプラント治療とは、むし歯や歯周病(歯槽膿漏)で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、そして被せ物をして人工の歯を作る治療です。無くなった歯を同じように機能させる事が可能な画期的な治療法であり、天然の歯と同等の力で噛むことのできる唯一の方法です。

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨に埋め込むフィクスチャー(人工歯根)と、上に被せる上部構造(インプラント義歯)、それらを結合させるアパットメント(支台)から構成されています。

上部構造(インプラント義歯)
実際に見える部分はこの部分です。白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。この部分だけをはずして掃除をしたり、交換したり出来るような仕組みにも出来ます。

アパットメント(支台)
インプラント体の上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

インプラント体(人工歯根)
直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。チタンは、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます。

インプラントの特徴

骨にしっかり固定されるので「噛みにくい」「話しにくい」などの問題がなく見た目も自然できれいな歯を取り戻すことができます。
インプラントはむし歯や歯周病で歯を抜いた方、入れ歯に抵抗があったり入れ歯がどうしても合わない方、しっかりとおいしく食事をしたい方、健康な歯を必要以上に削ることに抵抗がある方、きれいな歯で若々しい口元を保ちたい方などさまざまな方のご不満を解消することができる最先端の治療法です。

大げさに言えば歯が新たにもう1本生えてきたのと同じだけの効果があり、入れ歯やブリッジでは得られない「噛みごたえ」を回復させることができます。

床義歯やブリッジとの比較

当院で使用しているインプラントについて

現在、世界で流通しているインプラントは数百種類あると言われていますインプラント治療において、健康な方であればその成功率は約95%前後と言われています。
ただ、せっかくインプラント治療がうまくいったとしても、20~30年の長い期間、問題なく使っていただかなければいけません。
その為に重要な事は、より長い臨床実績やより多くの研究データ、またそのシェアの多さであると思われます。

井上歯科CLINIC&WORKSでは、患者様の安全とより良い未来を考え、
Nobel Biocare社製(スウェーデン)のブローネマルクインプラントを使用しています。

ブローネマルクインプラントとは

ブローネマルクインプラントは、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士がチタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたもので、1965年から臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。  ブローネマルクインプラントは世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があり、そのため最も信頼性が高いインプラントシステムだと言われています。

コンピュータによる歯科治療

歯科用CTで撮影した患者様の顎骨データを、専用の最新ソフトで解析し、インプラント手術を行う際にインプラントの最適な位置・方向・本数などを正確にシミュレーション致します。

本数の多い場合や難しいケースでは、そのデータをもとに、手術用のガイドを製作致します。それにより、誤差のない正確で安全な手術を行うことが可能です。

井上歯科CLINIC&WORKSでは、すべてのインプラントオペに、
上記のシステムを用いて手術を行っています。

インプラントの具体例

今週のお花

医院で飾られているお花をご紹介します。

今週のお花はこちら

診療内容

  1. 歯科
  2. 小児歯科
  3. 歯周病治療
  4. 審美歯科
  5. インプラント
  6. かみ合わせ
  7. 顎関節症治療
  8. 口腔外科
  9. 矯正治療
ページの先頭へ