診療案内

マタニティ歯科

妊娠期間中は虫歯や歯周病を発生しやすく、また進行も早いことをご存知ですか?

これから生まれてくるお子様の為を考えると、妊娠期間中、お子様だけでなくお母様の健康状態も十分気をつける必要があります。健康維持は身体だけでなく、歯も重要です。

そんな妊婦さんを対象としたのが、マタニティ歯科です。

井上歯科では、妊婦さんのことを考えたデンタルケアを行っていきます。

問診(現在の状態の把握)

まずは、妊娠何週目なのか基礎疾患はあるか問診表で確認いたします。
治療についての不安なことや、悩んでいることがあれば、お気軽にご相談ください。

虫歯・歯周病の診断・リスク診断

妊婦さんの口腔内の検査をしていきます。
希望される方が入れば、虫歯や歯周病のリスク診断も行います。

レントゲンについて
妊婦さんにとってレントゲンを撮るのは避けたいですよね。
診察を行う上でどうしてレントゲンが必要になった時でもご安心ください。
井上歯科では旧式のレントゲンよりも約1/10の放射線量のデジタルレントゲンを使用しています。
胎児に危険の及ばない範囲の線量なので、レントゲンに抵抗感がある妊婦さんにもご利用いただけます。

診断結果と治療方法の提案

お腹にいるお子様のことも十分配慮し、少しでも母体に負担の無い治療方法を提案しています。

他にも母子共に影響が出ないように以下のことに注意しています

  • ・発がん性のあるホルマリン系薬剤の使用禁止
  • ・甲状腺に影響のあるヨード系の使用禁止
  • ・痛み止めの薬は安全性が高いアセトアミノフェンを使用。
  • ・化膿止めの薬は安全性の高いセフェム系を使用。

妊婦さんのお口の中はこんな状態

妊娠するということは通常とは異なり様々な事が起こりやすかったりします。
どんな事が起こるのか、ご紹介しますので、一度ご自身の状態をチェックしてみてください。

妊婦さんのお口の状態

妊婦さんと歯周病

歯周病と妊婦さんとはどのくらいの関わりがあるのでしょうか?
たかが歯周病と思ってはいけません。
歯周病を発症することによって妊娠に多大な影響を及ぼしていることが明確となってきています。

最近、妊婦の歯周病と早期分娩・低体重児出産との関係を調査した研究が行われましたので、 その一部をご紹介いたします。

妊婦の歯周病と早期分娩・低体重児出産との関係

妊婦さんと一般歯科治療について

身の回りの放射線量

いかがでしょうか?
自然界で浴びる放射線量よりも圧倒的に少ない線量となります。

また歯科医院でレントゲンを撮るというのは、もちろん顔の場所になります。
胎児からは離れています。
さらに、当院では上記のレントゲン放射線量より、もっと線量の少ないデジタル方式のエックス線を使用しています。

妊婦さんと歯科の局所麻酔

麻酔も妊婦さんにとっては不安な要素の一つ。
どんな麻酔を使うのか?胎児への影響は?など不安になりますね。

当院で使用しているのは、安全性の高い局所麻酔を使用しています。
さらに、その局所麻酔の使用量も、少量しか使用しないため特に問題ありません。

最後に

今週のお花

医院で飾られているお花をご紹介します。

今週のお花はこちら

診療内容

  1. 歯科
  2. 小児歯科
  3. 歯周病治療
  4. 審美歯科
  5. インプラント
  6. かみ合わせ
  7. 顎関節症治療
  8. 口腔外科
  9. 矯正治療
  10. マタニティ歯科
ページの先頭へ