診療案内

小児歯科

小児歯科

お子様はとてもデリケートです。
初めての治療で、歯科医院を嫌いになってしまわないように、その小さな心にも、ちゃんと配慮することが大切です。
また、「自分の歯で一生を過ごせるように」将来のことまで考えた治療を行っていかなければなりません。
当クリニックでは、お子さまの目線で考え、お子さまの目線を大切に治療を行なっております。
お子さまの将来を考え一緒に治療を始めてみませんか?

乳歯が虫歯になってしまったら・・・

「虫歯になってしまったけど、乳歯はいずれは生え替わるから」
という考えをもってませんか?
確かに乳歯は生え替わりますが虫歯を放っておいたままにすると、あとから生えてくる永久歯まで歯ならびが悪くなったり、虫歯になったりします。

いつでもサポートできるように、お父さんやお母さんがお子様の歯を気にかけてあげてください。

お子さまの歯を強くする方法

C0初期段階の虫歯

フッ素入り歯磨き用品を使う
フッ素入りの歯磨き剤、フッ素入りジェルなどで、少しずつではありますが歯そのものを丈夫にすることができます。

甘いものを長時間、何度も口にしない
糖分を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。
しばらくすると再石灰化がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になってしまいます。

寝る1時間前の飲食を控える
寝ているあいだは、だ液の分泌量が減り、虫歯の出す酸に抵抗する力が弱まります。
寝る1時間前には、飲食を終わらるようにしましょう。

虫歯にしない為のプロフェッショナルケア

乳歯が全て生えそろうのは、だいたい2才半くらいの頃です。
乳歯と生え始めの永久歯(6才臼歯など)は、虫歯菌が出す酸に対して非常に弱いため、虫歯になりやすい状態です。虫歯にならないようにするためには、予防が非常に有効です。

シーラント

子供さんの歯は、歯の外側の層(エナメル質)が未成熟なため、虫歯になりやすい状態です。
特に、歯の溝の部分は最も虫歯になりやすいところです。

溝の部分は、汚れがたまりやすいので、その溝にシーラント材を少量流し、光をあてて固めます。
(歯は一切削りませんので、歯が悪くなるリスクは全くありません。)

溝の部分が、平坦になるため汚れが入り込みにくくなり、虫歯の予防になります。
(また、シーラント材はフッ素を取り込み、徐々にフッ素を周囲に放出する性質があるため、虫歯予防に非常に有効です。)

今週のお花

医院で飾られているお花をご紹介します。

今週のお花はこちら

診療内容

  1. 歯科
  2. 小児歯科
  3. 歯周病治療
  4. 審美歯科
  5. インプラント
  6. かみ合わせ
  7. 顎関節症治療
  8. 口腔外科
  9. 矯正治療
ページの先頭へ