診療案内

歯周病治療

歯周病とは

小児歯科

歯周病は、歯を支えるまわりの組織(歯周組織)に起こる病気です。
以前は歯槽膿漏と呼ばれており、成人の80%以上の人がかかっていると言われています。
現在では歯を失う原因No.1ともなっています。

歯の周囲の歯を支持している組織(歯ぐきや骨など)が長いスパンで破壊される病気で、かなり進行するまで自覚症状がないということが特徴です。
歯周病はお口の中だけでなく、全身の健康にも影響を与え、生活習慣病の一要因とも考えられています。

インプラントの構造

ブラッシングでは除去できない歯石を徹底的に除去します。
歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定したり、あまりに病状が進行した歯は周囲の歯にも悪影響を及ぼす可能性がある為、抜歯が必要な場合もあります。
症状や、患者さまによっては、人工の歯をいれる欠損補綴という処置や矯正治療が必要になる場合もあります。

早期発見・早期治療を行う為に・・・

歯周病は虫歯と違って痛みがないので、多くの方は歯周病があっても「たいしたことはない」と放置してしまいますが早期発見・早期治療と治療後の定期的なメインテナンスが不可欠といえます。
以下の自己チェックで少しでも気になる項目がある方は是非一度ご相談ください。
当院では、歯周病の進行に応じても最適なメニューを患者さんごとに計画して治療を行なっていきます。

今週のお花

医院で飾られているお花をご紹介します。

今週のお花はこちら

診療内容

  1. 歯科
  2. 小児歯科
  3. 歯周病治療
  4. 審美歯科
  5. インプラント
  6. かみ合わせ
  7. 顎関節症治療
  8. 口腔外科
  9. 矯正治療
ページの先頭へ